Vol.195 “選挙でね こんな日本に なったのよ”                      ———「民主主義」に未来はあるのか?

[その他スピリチュアル分野]

     

      “選挙でね こんな日本に なったのよ”


上記は、毎日新聞連載コラム「仲畑流万能川柳」の去る1月15日の「秀逸」作品です。
「浜松 よんぼ」さんの作、正に秀逸!

5年前の第2次安倍政権発足以降、私のなかで沸々と沸き起こって来ている諸々の想いが、見事に17文字に詠み込まれている感じで、「民主主義」というものについて改めて深く考えさせられます。

同時に、川柳の力にも今更ながら感じ入っているところです。


       (因みに、私は2014年12月の総選挙結果を受けて、
    
        Vol.163 “『民主的』に『近代強権国家』に逆戻り!”

        と題する思いを記させて頂きましたが、それは題名から
        しても、この川柳と平仄が合うものと言えます)


経済学者・思想家の佐伯啓思先生は、『さらば、民主主義  憲法と日本社会を問いなおす』(2017年5月刊、朝日新書)のなかで、次のように述べておられます。

私も全く同じ思いです。


    “民主主義は、ある程度社会が安定していて人々の価値観が共有
    されており、突拍子もない出来事が起きない比較的穏やかな
    状態では一定の機能を果たすことができます。

    ところが、社会が不安定になり混乱期を迎えると、民主主義は
    デマゴーグ型指導者を生み出す可能性がかなりあるということです。

    その意味で、民主主義とは何なのか、改めて問うべき時代になった
    のです。“

しかし、ことは単にわが国だけの問題ではありません。


「トランプのアメリカ」でも、過半の人々が、

     “選挙でね こんなアメリカに なったのよ”

と心底嘆いているところですし、イギリスはじめ他の先進民主主義国でも、大なり小なり同様の事態・現象が起きています。


一方で、「トランプのアメリカ」でも、そして「安倍一強の日本」でも、

     “選挙でね こんないい国に なったのよ”

と信じている人が、3〜4割程度はいることを思う時、「民主主義」は進めば進む程、「分断」と「政治不信」を、更には「不寛容」をも、もたらすのではないかと思わずにはいられません。


この辺りに関し、前記佐伯啓思先生は別書のなかで次のように述べておられます。
「民主主義」の本質をつく指摘と受け止めています。


    “民主主義は「人々」が主権者である限り、人々の「エゴ」を全開
    させるのですが、その結果は「国民のため」でなければならない、
    という 。こんなことはありえないのです。

    だからどうしても民主政治は政治不信を招いてしまいます。

    それは、結局のところ、無数の「エゴ」の集まりであるバラバラな
    「人々」の契約によって支配を正当化する、というホッブス流の
    近代的な主権の論理に無理があるからにほかなりません。“

            (『正義の偽装』 2014年1月刊 新潮新書)

果たして「民主主義」に未来はあるのか?

   ———「民主主義」を真に「民主的」に運営するには、何が必要なのか? 
       どうすれば良いのか?

   ———「多数」よりも「正義」が優先されるような「民主主義」は、
       どうすれば実現出来るのか?

私は、今最も必要なことは、洋の東西を問わず、主権者一人一人が広い意味での本物の「宗教心」を取り戻すことであると固く信じています。

相対性理論のアインシュタイン(1879〜1955)の名言に、

  “宗教の無い科学は不完全であり、科学の無い宗教は盲目である”
  (Science without religion is lame, religion without science is blind)

がありますが、私はそれに倣って、

  “宗教心の無い民主主義は暴走する 民主主義の無い宗教心は迷走する“

と言いたいと思います。


        “民主主義 宗教心を 根底に”

        “宗教心 無くば暴走 民主主義”


(尚、「宗教心」につきましては、10年以上前に記しました、

         Vol.29 “『宗教心溢れる時代』に向けて”

を併せご参照頂ければと思います。

これは長いわが国の歴史を、「宗教」との係わりという観点から大きく4期に分けた上で、「宗教心溢れる」新しい第5期の到来を望むものです)

                            (完)

2018年02月05日

≪ Vol.194 この世は「祈り」(その2)                        ーーー「祈り」の『三本の柱』について | TOP PAGE | Vol.196 北朝鮮問題(続):『分断の苦しみ』を『統一の喜び』に!  南北・米朝会談における「半島全体のグランドデザイン」協議に期待!!!      ≫