Vol.172 この世の『こよなき幸せ』と、『なんという贅沢』                ———お釈迦様のことば、鴨長明のことば

[「この世」シリーズ]

仏教の開祖お釈迦様(ブッダ、ゴータマ・シッダールタ、紀元前5〜6世紀のインドの人)は、29才の若さで、家族も王子の身分も捨てて出家し、以降6年に及ぶ厳しい修行の後、35才で悟りを開いたとされています。

そしてその後は、80才で亡くなる迄インド各地を旅し、行く先々で多くの人々と対話を重ね、自分の考えや心境などを穏やかに説かれ続けられたようです。


その内容を編纂したものが、「原始仏典」と呼ばれる仏教最古の一連の経典ですが、その一つ『スッタニパータ』(『経集』)には、合計1,149の「偈(げ)」(詩句、ことば)が、項目ごとに収録されており、語り口の平易さ・素朴さから、お釈迦様のことばに最も近いとされています。

         (尚、「原始仏典」につきましては、
         
          Vol.160 “「十悪」のこと、「十善戒」、「五戒」のこと”

          のなかで、『ダンマパダ』(『法句経』)からの引用を
          記させて頂いております)


ある時、ある人が、『この世の最上の幸福を教えて下さい』と尋ねたましたが、それに対するお釈迦様の答えが、『こよなき幸せ』という項目のもと、合わせて11偈記されています。


最初は次の偈です。

(以下いずれも、中村元「ブッダのことば ——スッタニパータ」より)


    “諸々の愚者に親しまないで、諸々の賢者と親しみ、
    尊敬すべき人々を尊敬すること、
            ———これがこよなき幸せである“ (第259偈)

これに続き、「心」の領域に属することを中心に、いかにもお釈迦様らしい『こよなき幸せ』が10偈記されていますが、そのなかで私が特に強く惹かれるのが以下の二つの偈です。

この世の『幸せ』はそれに尽きると思っています。


     “耐え忍ぶこと、ことばの優しいこと、諸々の「道の人」
    (沙門・サマナ)に会うこと、適当な時に理法についての
    教えをきくこと、
            ———これがこよなき幸せである“ (第266偈)


     “世俗のことがらに触れても、その人の心が動揺せず、
    憂いなく、汚れを離れ、安穏であること、
            ———これがこよなき幸せである“ (第268偈)


さて、日本人でお釈迦様の教えにかなり近づいた一人が、歌人・随筆家の鴨長明(1155〜1216)ではないかと考えています。

長明は、京都下鴨神社の名門神職家の次男ですが、やや失意のうちに50才で出家し隠棲生活に入り、一丈四方(約3メートル四方)の簡素な庵で人生を終えた人です。


「枕草子」、「徒然草」と共に日本三大随筆である彼の「方丈記」は、まさにその方丈の庵で書き綴られたもので、お釈迦様の『諸行無常』という基本的な教えが全篇を貫いています。


          (『無常』につきましては、

           Vol.41 “この世は「無常」“ 
 
           も、併せご参照頂ければと思います)


          
一方、自身の隠棲生活そのものは、お釈迦様の『こよなき幸せ』を地で行くものであったようで、例えば次の記述などは、私が最も好きな上記第268偈の『こよなき幸せ』そのものと言えます。

(上段は原文、下段は中野孝次「すらすら読める方丈記」中の現代語訳)


     “おほかた、世をのがれ、身を捨てしより、
     恨みもなく、畏れもなし。
     命は天運にまかせて、惜しまず、いとはず。
     身は浮雲になずらへて、頼まず、まだしとせず。“


    (世を逃れ、身を捨ててからは、わたくしは大体において
     恨みもなく、恐れもなくなった。
     いのちは天運にまかせて、生命を惜しみもせず、
     死を恐れもしない。
     この身を浮雲のように思いなしているから、
     現世の幸福を頼みもせず、また悪運だからといって
     いとわない)


加えて、長明の日々の修行は、以下の様にかなり伸びやかで、ある種奔放でもあり、『なんという贅沢!』と感激する彼に、強い共感を覚えます。


     “もし、念仏ものうく、読経まめならぬ時は、
     みづから休み、みづから怠る。
     さまたぐる人もなく、また、恥づべき人もなし“


     “座を組み、何時間でも瞑想する。
     からだが要求するときに食べ、
     簡素な小屋に住むことのなんという贅沢“


お釈迦様の『こよなき幸せ』と、鴨長明の『なんという贅沢』、、、、、この二つは、私のいわば「余生の指針」でもあります。

                          (完)

2015年10月21日

≪ Vol.171 『戦争をしない進んだ国』と『戦争をする普通の国』          ———安保法案の参院強行採決を前に思うこと | TOP PAGE | Vol.173 『四摂事』のこと ーー他者との接し方の理想として ≫