Vol.154 集団的自衛権行使容認問題に思う(その3)             ーーー日弁連の新リーフレットご紹介

[その他政治・社会分野]

『集団的自衛権。 それは、外国のために戦争をすること。』と題する解り易いリーフレットがこの程、日本弁護士連合会(日弁連)から刊行されました。


村越日弁連会長に加え、次の8名の方々のショートメッセージが、似顔絵付きで掲載されています。


    

     谷口真由美さん     大阪国際大准教授(国際人権法)
     青井未帆 さん     学習院大教授(憲法)
     半田 滋 さん     東京新聞論説兼編衆委員
     谷山博史 さん     日本国際ボランティアセンターJVC代表理事
     丹羽宇一郎さん     前中国大使、 元伊藤忠商事社長・会長
     柳澤協二 さん     前内閣官房副長官補(安全保障担当)
     浜 矩子 さん     同志社大大学院教授(経済学)
     阪田雅裕 さん     元内閣法制局長官、弁護士


こちらからPDFのダウンロードが出来ますので、未読の方に是非ご一読をお奨めする次第です。


尚、日弁連は、昨年5月31日付けで、『集団的自衛権の行使容認に反対する決議』を採択しています。

こちらは、五項目の詳しい提案理由が付いたやや長文ですが、併せご紹介申し上げます。

                                 (完)


    

2014年05月01日

≪ Vol.153 集団的自衛権行使容認問題に思う(その2)             ーーー『行使容認』(=『封印解除』)は、時代に逆行! | TOP PAGE | Vol.155 集団的自衛権行使容認問題に思う(その4)             ———自民党『保守本流』は、今いずこ?! ≫