Vol.142 憲法96条改正問題に関して(その2)            ———日弁連のパンフレット「憲法96条改正に異議あり!!」ご紹介

[その他政治・社会分野]

憲法96条改正問題に関し、私は先月初め “発議要件緩和なら、国民投票を2/3に!” と題する私見をこの場にアップ致しましたが、

この件に関し、日本弁護士連合会(日弁連)は昨5月31日、「憲法96条改正に異議あり!!」と題するパンフレットをネット上で公開しました。


パンフレットは絵柄入りの4枚綴りで、子供にも十分理解出来る大変良く出来た代物と考えます。


まだご覧になられていない方は、こちらを是非ご一読賜り、広くご喧伝頂きたくお願い申し上げる次第です。


96条改正反対の世論が強まるなか、アメリカからのプレッシャーもあって、さすがの安倍首相も本件表面的には一歩退いた姿勢を見せつつありますが、

本心が変わった訳では決してないだけに、もし自民党が参院選で大勝すればーーー維新橋下発言によりその可能性がいよいよ高まっていますがーーー改正に向け強引に走り始めることも十分想定されます。

所謂リベラル勢力が、『この際、最も頼りになるのはアメリカ!』と考えるような、何とも不思議な時代と思う昨今です。

                           (完)

2013年06月01日

≪ Vol.141 憲法96条改正問題に関して                        ———発議要件緩和なら、国民投票を2/3に! | TOP PAGE | Vol.143 親の「幸福追求権」と、子の「幸福」                 ーーー”【卵子提供出産】3年で3倍” 報道に思う ≫