Vol.137「天命」に安んじる

[その他スピリチュアル分野]

「天命」とは、私たちがこの世に生まれる時、天から授かるとされる「定め」のことです。
寿命も使命も、もちろん含まれます。


12世紀中国の儒学者、胡寅(こいん)の有名な言葉に、

   “人事を尽くして天命を待つ”

があります。


『あらん限りの努力をしたので、あとはどんな結果であろうと、「天の定め」にお任せします』という安らかな心境を表すものです。


がしかし、努力をすればする程、心の片隅には、『これだけ必死に頑張ったんだから、、、、』という天命への期待感が強まりますし、反面、逆の場合の不安感にも襲われ、心はなかなか安らぎません。

胡寅のこの言葉に対し、明治時代の宗教家・哲学者で浄土真宗大谷派の僧侶、清沢満之(きよざわまんし、1863〜1903)は、順序を入れ替えて、

   “天命に安んじて人事を尽くす”

と言っています。

『全ては「天の定め」、甘んじて身を「天命」に委ね、ひたすら無心に人事を尽くす』といった意味ですが、私はこの言葉の方により心を惹かれます。

清沢の言葉に相通ずることを、日本近代文学研究者の鈴木秀子シスターが、『聖なる諦め』というキリスト者らしい表現で次の様に述べておられます。
こちらにも強い共感を覚えます。


    “人生の中ではいろんなことがありますけど、もしいやなことが
    あった時には、あぁ、これもきっと意味があって起こったんだ、
    どんな意味があるかいまは分からないけど、いつかそれが分かる時が
    楽しみだと、そんな聖なる諦めを持つことが大切ですね。“

                  (「多生の縁 玄侑宗久対談集」より)


人はみな、こうあって欲しい、こうありたいという願望を常にもっています。

しかし、その願望が、長い目で見てその人にとって本当に良いことなのか? その人の「『霊格』の向上」に本当に資するものなのか? それは全く分かりません。 


自分の願望に過度に拘泥することを止め、思い切って身を全て「天命」に委ねてしまう、、、そこに心の平安が生まれ、真の人事を尽くすことが出来ると考えています。


     (尚、「『霊格』の向上」に関しましては、

      Vol.115 “『霊魂』のこと、『霊格』のことなど”

      をご覧頂きたいと思います)
                            (完)

2013年02月04日

≪ Vol.136 日本と韓国、『死刑のある国』と『死刑を止めた国』           ーー死刑を巡るアメリカの最新動向等と共に、、、 | TOP PAGE | Vol.138 鬱積・膨張する沖縄の「マグマ」                    ーーー「本土」側はマグマ暴発の前に抜本対応を! ≫